PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜

by psoft

PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 アイキャッチ画像
多機能音楽プレイヤーアプリ「PSOFT Audio Player」の具体的な活用方法をご紹介。今回はiTunes経由でアプリに音声ファイルをインポートする方法のお話です!

他の活用法はこちら↓

iTunesでらくらくインポート

別アプリで録音した会議やインタビューなどの音声ファイルや自作の曲、バンドの音源などを、このアプリで再生する方法を見ていきましょう。

まずは、PCのデスクトップに追加したい音声ファイルを用意します。
PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 画像1個目

PCのiTunesを起動し、PSOFT Audio PlayerがインストールされたiPhone(またはiPod touch)とPCを接続してください。
PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 画像2個目

iTunesの左メニューから「デバイス」をクリックし、「App」のタブを選択します。
PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 画像3個目

「ファイル共有」という見出しに下にある「App」の一覧から「PSOFT Audio Player」を探してクリックします。
PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 画像4個目

「追加」ボタンをクリックし、デスクトップに保存した音声ファイルを選択してください。
PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 画像5個目

右側の欄に選択したファイルが追加されればインポート完了です。
PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 画像6個目

ここまで来たら、iPhoneとPCの接続を解除しても大丈夫です。

Documentフォルダを確認

アプリを起動して曲選択の画面を開き、再生方法の一覧から「Document」を選びます。
PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 画像7個目

すると、先ほど追加した音声ファイルがあるので、そのファイル名をタップしてください。これで、インポートした音声ファイルを再生できます。
PSOFT Audio Player 活用法 〜音声ファイルのインポート編〜 画像8個目

インポートによって、このアプリの活用シーンをさらに大きく広げることができます。次回はその具体例として、他のアプリで録音した音声ファイルからテープ起こしを行う方法をご紹介したいと思います。

お楽しみに!

PSOFT Audio Player App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥800(記事執筆時)

(※著作権の扱いには十分ご留意のうえ、ご自身の責任の範囲内においてのご利用をお願い致します)

LINEで送る
Pocket