egobirdのTwitter API利用上限問題を解決する方法

by psoft

egobird_api_trouble_catch

egobirdを起動した直後、「Twitter APIの利用上限を超えました。〜」というメッセージが表示され、検索が行えない問題が確認されています。そこでこの記事では、その解決方法を紹介したいと思います。

egobird – エゴサーチ・検索に特化したTwitterクライアント App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料(記事執筆時)

操作手順

まずはiPhoneに最初からインストールされている「設定」を起動します。グレーの地に歯車が描かれたアイコンのアプリです。
egobird_api_trouble_01

続いて「設定」アプリ内の「Twitter」という項目を選択します。
egobird_api_trouble_02

iPhoneに登録したTwitterアカウントの一覧が表示されますので、ひとまずいちばん上のアカウント名をタップしましょう。
egobird_api_trouble_03

Twitterアカウントの設定画面が開きます。「パスワード」の欄を確認してください。もしここが空欄になっている場合には、パスワードを再度入力して「完了」ボタンをタップします。Twitterアカウントが複数ある方は、その他のアカウントについても同様にパスワードの入力を行ってください。
egobird_api_trouble_04

すべてのアカウントにパスワードが正しく設定できたら、改めてegobirdを起動してみましょう。これで「Twitter APIの利用上限を超えました。〜」というメッセージが表示されなくなり、egobirdで検索できるようになるはずです。

多くの場合はこの方法で改善できるかと思われます。お困りの方はぜひお試しください。

egobird – エゴサーチ・検索に特化したTwitterクライアント App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料(記事執筆時)

関連リンク:

LINEで送る
Pocket